MOIAUSSIBE/モーアシビー(もーあしびー)

EVENT

フリースクールがオンラインで復活! 信藤三雄×安齋肇×ヒロ杉山
EVENT

フリースクールがオンラインで復活! 信藤三雄×安齋肇×ヒロ杉山

2021.02.20

しばらくお休みをしておりました、モーアシビーフリースクールを2月23日(火・祝)に開催します!

今回は、信藤三雄×安齋肇×ヒロ杉山と、モーアシビーではおなじみの講師陣によるトークセッションです。

テーマは、ずばり「クリエーターはコロナに負けるのか?」。この1年間で大きく変わった社会の中で、クリエーターはどこへ向かって行くべきなのか。何ができるのか。視聴者のみなさまと一緒に、未来の可能性について考えていく90分です。

■第20回モーアシビーフリースクール(オンライン配信)■
2021年2月23日(火)15:00 〜 16:30
出 演 :信藤三雄、安齋肇、ヒロ杉山
参加費 :無料
参加方法:こちらのウェブサイトからお申し込みください。
申込みをされた方に、ご視聴いただけるURLをお送りします。
https://village.moiaussibe.jp/

今回の視聴は無料となっておりますので、ぜひお気軽にご参加ください!
また同日、「モーアシビーオンラインビレッジ」が始まります。今回出演する講師陣にも、気軽に質問・交流ができる会員制のオンラインサロンです。3月末までは会費無料キャンペーンを実施しております☺✅
詳細はこちらのウェブサイトからご覧ください。

■出演者プロフィール■

信藤三雄(村長)アートディレクター、映像監督、カメラマン、書道家

1986年コンテムポラリー・プロダクション設立。松任谷由実、ピチカート・ファイヴ、Mr.Children、MISIA、宇多田ヒカルなど、これまで手掛けたレコード&CDジャケット数は約1000枚。その活躍はグラフィックデザインにとどまらず、数多くのアーティストのプロモーションビデオも手掛け、桑田佳祐「東京」では、2003年度のスペースシャワーMVA BEST OF THE YEARを受賞。同年には松任谷由美トリビュートコンサート (武道館) の演出を務める。98年「代官山物語」で初の映画監督に挑戦。その後も03年リリー・フランキー脚本による短編映画「男女7人蕎麦物語」、06年、初の劇場長編映画「男はソレを我慢できない」を発表。08年、自身の新境地である“書”を表現手法とし「信藤三雄の福は内展」を開催。09年中国上海M50にて個展「LUCKY ART SHOW From TOKYO by CTPP」を開催。また、SOCIAL WORKとして2005年に、ほっとけない世界のまずしさ“ホワイトバンド“キャンペーン、プロジェクト・レッド(モトローラ)で、映像ディレクター、及びグラフィックデザイン等を務めたのを始め、2008年には「Child AFRICA」の立ち上げに協力、2010年に設立された「一般財団法人mudef」の理事を務めている。2010年、2011年と国連・環境省の為の生物多様性キャンペーンのビジュアル全般を手がける。

安齋肇(副村長) イラストレーター/アートディレクター

1953年生まれ、東京都出身。JAL「リゾッチャ」 、NHK「しあわせニュース」など、イラストレーションを中心に様々な活動をしている。Eテレで放送中のアニメ「わしも」では原作キャラクターのデザインや声の出演もこなす。また音楽関連のアートディレクションのみならず、監督した映画「変態だ」は韓国富川国際ファンタスティック映画祭にて審査員特別賞を受賞。’92 年より、テレビ朝日系「タモリ倶楽部」空耳アワーでは“ソラミミスト”としても出演。東京イラストレーターズソサエティ会員。

ヒロ杉山(副村長) アーチスト/アートディレクター

東洋美術学校卒業後、湯村輝彦氏に師事。その後フリーとなり、1997年アーティストユニット,エンライトメントを結成。ファインアートの世界で国内外の展覧会で作品を発表する一方、グラフィックデザイン、広告など幅広いジャンルで独創的な作品を発表しつづけている。さらにPV制作やVJなどの映像分野での評価も非常に高く、テイ・トウワ、m-flo、安室奈美恵、BOA、少女時代、EXILE、三代目J Soul Brothersなどへライブ映像を提供している。デザインではE-girls、AKB48、ももいろクローバーZ、等のCDジャケットを手がける。

Page Top